Google Plus Instagram Youtube Facebook Twitter Snapchat Pinterest Next slide down Next slide right Shopping basket Plus Minus Shopping cart Forward Search Frown Menu Cancel Sort Open
  • 送料無料!
配送先: 日本

Change shipping country

お買い物を続けるご購入手続きへ進む
Shipping to:
日本
お買い物カートに商品は入っていません


お買い物カートに商品は入っていません

ハッピーソックスについて

2008年の春、ハッピーソックスは同じビジョンを共有した親友2人によって設立されました。「日常生活に必須のアイテムに、カラフルなデザインと高い品質創造性クラフトマンシップを兼ね備えさせ、幸せな気持ちを溢れさせたい」。このビジョンは、ハッピーソックスのコンセプトそのものとなっています。

現在、ハッピーソックスは世界中の90以上の国で取り扱われています。 

ハッピーソックスのアイテムは、様々な色やパターンを用いたオリジナルデザインで、その種類・カラーは多岐に渡ります。 

いつも、どこでも、どんなときでも愛用できる最高のソックスアンダーウェア。ハッピーソックスはそんなアイテムを生み出すブランドなのです。


品質について

"私達の目標は、最高で最幸な製品をお届けすることです。"

ハッピーソックスは、生産工場と常に密なコンタクトを取り、最高の品質を保てるよう細心の注意を払っています。また、最高品質を保つだけでなく、生産プロセスの更なる向上にも尽力しています。

ハッピーソックスは、ソックス・アンダーウェア共に最高品質の素材を使用しており、厳しい管理体制の元で製造されています。耐久性にも優れていますが、お洗濯の際には裏表にして洗濯していただくとより長くご愛用いただけます。また、乾燥機の使用はお控えください。

コレクション

ハッピーソックスは、そのグローバルな成長を象徴するかのように、世界中で最新コレクションの発表をしています。

ストックホルムロサンゼルス東京とカタログの撮影場所は多岐に渡り、ハッピーソックスの世界観を表現するために厳選された国際色豊かなフォトグラファーにより撮影されています。

私たちのソックスとアンダーウェア

どんな方であれ自分の好きなソックスを身につけられるべきだと私たちは信じているので、全てのソックスはユニセックスです。

アンダーウェアは、メンズトランクス、メンズボクサーパンツ、ウィメンズショーツ(ヒップスター)の3種類を展開しています。

ハッピーソックスが使用している素材について

ソックスのラベル・アンダーウェアにはタグがついており、洗濯表示や素材についてはそちらで詳細をご確認いただけます。

コラボレーション

コラボレーションはハッピーソックスにとって非常に重要なパートです。魅力的なコラボレーションアイテムを生み出すために、ハッピーソックスは最もクリエイティブなデザイナーやブランドとコラボレーションをしています。


代表作は『フロム・ダスク・ティル・ドーン』や『デスペラート』、カルト的人気を誇る映画監督ロバート・ロドリゲスとのコラボレーション。 

ソックスデザインのコラボだけでなく、コラボショートフィルム『SOCK'EM DEAD』も発表。ロドリゲス監督らしさに溢れた作品は、一見の価値あり。

腕時計ブランドKOMONOとハッピーソックスの、気品とエキセントリックさが同居したコラボレーション。スタイリッシュなKOMONO腕時計にベルトと文字盤にあしらわれたのは、ドット、トライアングル、ライトニング、ウェーブストライプなどハッピーソックスらしい遊び心たっぷりのモチーフ。サイズが異なるWINSTONESTELLEの2種類、色はパステルカラーとモノトーンの2種類。

BILLIONAIRE BOYS CLUBハッピーソックスのコラボレーション。日本人アーティストSK8THINGが手がけたBILLIONAIRE BOYS CLUBのアイコンと言える3種類の柄(銀河柄、ダイヤモンド&ドルマーク柄、ヘルメット柄)を、靴下とアンダーウェアにあしらって。靴下はユニセックス、アンダーウェアはメンズのみの展開。

セレクトショップであり、ショウルームであり、ブランドであり...セレクトショップの域を超えたセレクトショップ、OPENING CEREMONYOPENING CEREMONYデザインによるハッピーソックスコラボソックスは4種類、New Yorkís Fashionís Night Out にて発表されました。

ハッピーソックスのモットー“ALL PLAY. NO WORK.”(全ては遊び、仕事じゃない!)とWeSCのモットー“Intellectual Slackers”(知的な怠け者)が合体。 

The League of Happy Campers for Fall 2013と題されたコラボレーションは、ハッピーソックスの定番柄とSUPERLATIVE CONSPIRACYのスタイルが見事に融合。ソックスだけでなくジャケット、ニットセーター、Tシャツとトータルコーディネートを楽しめるラインナップ。2013年9月15日に公開・販売開始されました。

2013年ヴァレンタイン、ハッピーソックスLOVE MEアートワークで知られるアーティスト・フォトグラファーのCURTIS KULIGとのコラボレーションアイテムを発表しました。

2005年、KULIGがロサンゼルスの壁に描いたシンプルなメッセージ「LOVE ME」は後に大きな反響を呼び、ニューヨーク、パリ、イスタンブール、東京にまで広がりました。コラボソックスは3種類、赤・黒・白のコンビネーションに「LOVE ME」の文字を柄としてあしらっています。

スウェディッシュブランド同士のコラボレーション!ストックホルム出身ブランドであるハッピーソックスとストックホルムを代表するスニーカーストアSNEAKERSNSTUFFのコラボアイテムは、カモフラージュ柄ソックスのボックスセット。

レギュラー丈のソックスとアンクルソックスはスニーカーとのコーディネイトにぴったり。

ハッピーソックスとスウェーデン出身ミュージシャンMIIKE SNOWとのコラボレーション。セカンドアルバム「Happy To You」リリースに合わせて発表されたのが、Miike Snowのシグネチャーイメージである角の生えたウサギ柄ソックス3種。

多くの収集家がいることで知られるBE@RBRICK(ベアブリック)でお馴染みのメディコムトイハッピーソックスのコラボレーション。メディコムトイ社は日本を代表するトイブランド。ハッピーソックスがこのコラボレーションのためにデザインしたカラフルなスペシャルソックスと、そのソックスを履いた限定ベアブリックが登場。

ハッピーソックスとスタリッシュなアーバンホテルTHE STANDARDのコラボレーション。THE STANDARDホテル各地(ロサンゼルス、マイアミビーチ、ハリウッド、ニューヨーク、パリ)にそれぞれ2種類のソックスを。パリのTHE STANDARDは全ての部屋にミニバーを装備。

ハッピーソックスGILES DEACON FOR THE ELTON JOHN AIDS FOUNDATIONのコラボレーション。このコラボのためにデザインされた7種類のソックスが入ったボックスセット。世界エイズデーの啓発とエルトン・ジョンエイズ基金への募金のためのコラボレーション。

2009年に発表されたハッピーソックスバーニーズのコラボレーション。トレンドの最先端を行くデパートであるバーニーズは話題のブランドとのコラボでも有名。今回はハッピーソックスがそのパートナーに。限定コラボアイテムはバーニーズでの限定販売。







2016年春夏コレクションに登場したのが、ハッピーソックスとアーティストANDRÉのコラボレーション。

グラフィティストリートアーティストMR. A、そして彼のコンセプト“Love Graffiti”で知られるANDRÉ。スマイルマークやユニークな絵柄、そしてANDRÉのモノクロームスタイル以外ではグラフィティ界のタブーとされていたピンク色の多用が特徴。Love Graffitiとは、ポップな色で愛する人の名前を、その人が住む近所の壁に描くというもの。その人が住む近所なので絶対見逃すことはありません!

2014年、ハッピーソックスとフランスを代表するサッカーチーム・PARIS SAINT-GERMAIN(パリ・サンジェルマン)のコラボレーションが実現。フランスのナショナルカラーである青白赤のトリコロールカラーとパリ・サンジェルマンのチームロゴであるエッフェル搭、そして百合の花モチーフをソックスにアレンジ。

2014年、ハッピーソックス“THE ART OF INSPIRATION”の名の下にミュージシャンSNOOP DOGGとのコラボレーションを発表。ハッピーソックス2014ホリデーキャンペーンと並行し、ショーケース“THE ART OF INSPIRATION”にて、SNOOP DOGGはミュージシャンとしてだけではなくアーティストとしての才能も披露。ハッピーソックスと3種類のコラボソックスを完成させました。

2013年ホリデーキャンペーンにおいて、ハッピーソックスはカメラマンDAVID LACHAPELLEを起用。全てを彼に託し彼の望むままにハッピーソックスのフォトシューティングを依頼。物議を醸し出す衝撃的な作品が多いのが特徴の彼の作品なので、広報担当がヒヤヒヤする可能性がありましたが、素晴らしい完成をみることができました!

ハッピーソックス創設者でありクリエイティブ・ディレクターVIKTOR TELLが、ADIDAS ORIGINALSとタッグを組んで遊び心に溢れたMatchplayシューズを作製。一見通常のホワイトMatchplayシューズに見えるものの、よく見てみると踵や履き口にはハッピーソックスらしいディーテイルが。また、オリンピックらしさも潜んでいる非常に面白い一品。

ブロックを組み合わせて自分の望む世界を構築できる、一世を風靡したゲーム・MINECRAFTハッピーソックスのコラボソックス。MINECRAFTらしいブロック柄のスペシャルボックスには、MINECRAFTの世界観溢れる3種類のソックスが。

スニーカーでお馴染み、1916年に設立されたアメリカを代表するブランド・KEDSハッピーソックスのコラボレーション。KEDSの定番モデルであるChampionシューズに、つま先から足の甲の途中までを白地に赤、そして足の甲の途中から踵までを青地に白のビッグドットで彩って。更にこのコラボレーションのためのオリジナルストライプ柄ソックスがシューズとセットに。

2011年9月23日、カメラマンTERRY RICHARDSONはニューヨークで最もホットな人材を集め、ハッピーソックスのスペシャルイメージを撮影。参加したのは、スタイリスト・ファッションエディターのMEL OTTENBURGとデザイナーのADAM SELMANHAPPY SOCKS CHAPTER #FOUR COLLECTIONの名の下に、ハッピーソックスを被写体のモデルにマッチしたパンツやセーター・トップス、更にはバニーの耳やボウタイに変身させるという、とてもユニークなイメージが完成。クリエイティブディレクターのJEN BRILLも、このプロジェクトに素晴らしい完成度をもたらしました。

このキャンペーンに起用されたモデルは、RICHARDSONBRILLが自ら選んだ新進気鋭の人材。

起用されたモデルは、ASAP Rocky, SKY FERREIRA, ASHLEY SMITH, ACTION BRONSON, CAMILLE ROWE, BRAYDON SZAFRANSKI, PHYSICAL THERAPY, MALUCA MALA そして MYKKI BLANCO。様々な才能のミックスが堪能できる、遊び心に溢れたキャンペーン。


2012年冬、ハッピーソックスは色で春の訪れを祝うインドのお祭り・HAPPY HOLIからインスピレーションを受け、インド人デザイナーMANISH ARORAとのコラボレーションを発表。リミテッドエディションボックスに収められた愛と色彩に満ちた3種類のコレボレーションソックスは、ホリデーシーズンのギフトにぴったり。

パリの人気セレクトショップ・COLETTEとコミュニケーションエージェンシー・KESSELKRAMERハッピーソックスにオリジナル限定ソックスの作製を依頼。パリのCOLETTEとロンドンのKK Outlet(KESSELKRAMERのロンドン事務所)のストア交換企画用スペシャルソックスは、右がCOLETTEを表現したデザイン、左がKKを表現したデザインというユニークな一品。

元ヘルムート・ラングのアート・ディレクターで現WONG WONG代表のSTEPHEN WONGが、ハッピーソックスとタッグを組んでワールドカップ2010エクスクルーシブソックスを発表。「サッカーの世界からインスピレーションを受けたこのコレクションは、世界中から選出した8か国の豊かなサッカー文化に敬意を払ったデザインとなっています。」

世界有数の自転車競技国・イタリアに捧げるソックス。デンマークのファッションブランド・WOOD WOODとスウェーデンのソックスブランド・ハッピーソックスがタッグを組んで2/3 CORSAソックスをリリース。ソックスには緑・白・赤のイタリアンカラーストライプがあしらわれています。

創設者

Viktor Tell(ヴィクトル・テル)
Happy Socks クリエイティブ・ディレクター

ファッションの世界に身を置く前、ヴィクトルはグラフィックデザイナー・イラストレーターとして活躍していました。ヴィクトルは、日常の中のありとあらゆるものからインスピレーションを得て、カラフルで遊び心溢れるコレクションを生み出しています。そんな彼のモットー"All play, no work" (全ては遊び、仕事じゃない!)は、ハッピーソックスのコレクションそのもの。シンプルで見落とされがちなものを、創造性豊かで見ているだけで楽しいものに生まれ変わらせることに成功しています。


Mikael Söderlindh(ミカエル・ソーデリン)
Happy Socks CEO

長年の友人であるヴィクトルとハッピーソックスを立ち上げる前、ミカエルは約10年広告業界で活躍していました。自身のブランドを持ち、そのブランドをグローバルに展開しようと決めたミカエルは、これまでに培ったビジネスノウハウと明確な戦略を持ってハッピーソックスを立ち上げました。ミカエルはクリエイティビティを衰えらせることなく、ハッピーソックスを成長させ続けています。